about

長野県大町市にある木崎湖の西側湖畔にひっそりとたたずむキャンプ場。
実は45年強の歴史がある。
キャンプブームなどの波にも乗り、今の3倍のバンガローにテントサイトが大賑わいの時代を経て、ひっそり今に至る。

現在、バンガローは全9棟(うち1棟は大部屋)で、テント用敷地は豊富。

山の傾斜面を敷地とし、近隣に住宅がほとんどないため、静かな湖畔の雰囲気をゆったりと楽しめる。



から松林の中にあり、松のすがすがしい香りがキャンプ場に立ちこめている。
朝になると車のフロントガラスにから松の松やにが降りそそいでいることもあるので、ご注意。

JR大糸線海の口駅から歩いてみたら30分。

2012年5月より、都会育ちの熊坂義人、スパン子、ほうすけ3が管理人となる。
湖の西側に位置するため、東側の山から昇る朝日が絶景。
夜は季節によって、鹿の鳴き声、ほたる、熊の気配(!?)が楽しめる。